現在の位置
HOME > 入院ペット報告

2008/12/20 土曜日

三宅 芽唯ちゃん (8:51:46)

img_4326.JPG

緊張はしていますが、食事はきちんと食べてくれていました。

特に、問題はありません。

今日、退院できます。

2008/12/19 金曜日

三宅 芽唯ちゃん (18:13:39)

img_4325.JPG

手術は、無事に終わりました。

術後も特に変わった様子はありません。

少し緊張しています。

明日、退院です。

 

2008/12/17 水曜日

日笠 Sweetちゃん (9:39:40)

img_4324.JPG 

 元気食欲は変わりありません。

便尿も正常でした。

耳ダレの状態も大分改善しました。

左わきの再縫合をしました。

今日退院して、様子を見ていただきたい

と思います。

森岡 ちゃこちゃん (9:33:32)

意識はまだありません。

小刻みなふるえがあり、体温が上昇し

熱中症に似た状態になっています。

冷却処置と点滴スピードを上げています。

2008/12/16 火曜日

楢村 もろみちゃん (11:16:35)

img_4310.JPG

術後の経過は順調です。

手術の傷跡も特に問題ありません。

元気食欲もあります。

尿は確認しましたが、便は

まだ出ていません。

日笠 Sweetちゃん (9:29:35)

img_4298.JPG

元気と食欲は問題ありません。

便と尿にも異常無しです。

脇の下の傷の一部が開いている部分については、

その後拡大しなくなり、漏れ出ていた腋も減少傾向です。

明日の朝にでも、lその部分だけ再縫合する予定です。

唇の縫合は問題ありません。

また耳では、左は正常に近い状態に回復しています。

右はまだ少量の耳ダレが確認できますが、かなり改善しています。

2008/12/15 月曜日

窪田 ココちゃん (16:07:34)

img_4290.JPG

手術は問題なく終わり、

術後の経過も順調です。

元気に動き回っています。

日笠 Sweetちゃん (15:59:42)

img_4261.JPG

わきの手術跡の開いてきた部分は

少し改善が見られましたが、

包帯処置は続けています。

耳の状態は良好で、元気食欲も

問題ありません。尿は正常でしたが、

便が少し柔らかかったです。

2008/12/14 日曜日

日笠 Sweetちゃん (10:22:22)

img_4243.JPG

元気食欲ともあります。

脇の下の傷口は一部が少し開いてしまい、

包帯処置を再度施しています。

明日の退院は難しいかも知れません。

その他の傷は良好です。

耳の状態も良くなってきており、耳ダレはなくなりました。

2008/12/13 土曜日

日笠 Sweetちゃん (16:04:19)

img_4199.JPG

元気食欲は変わりなくあります。

脇の下の傷口が擦れる為に、少し液が出てきて

表面的に開き気味になっています。 

そのため今日包帯から、保護フィルムに変えました。

右耳の耳ダレはまだ少しあります。

尿は正常でしたが、便は少し軟らかかったり

正常だったり様々です。

です。

2008/12/12 金曜日

日笠 Sweetちゃん (8:57:22)

img_4189.JPG

手術の傷はまずまず良好です。

耳だれは、右耳にわずかに残り、

左耳からはなくなりました。

食欲もあり、便・尿も正常でした。

2008/12/11 木曜日

日笠 Sweetちゃん (10:42:33)

img_4185.JPG

手術後の経過は良好です。

心配された皮下への液体貯留も見られず、

今朝ドレインチューブを抜きました。

外耳の炎症も少し治まってきていますが、

まだ白濁した耳ダレは出ています。

耳への嫌悪感は無くなってきているようです。

便が少し軟らかいのですが、抗生物質のためかも知れません。

明日まで様子を見て判断します。

田村 ソラちゃん (8:47:59)

img_4171.JPG

夕食は全部食べてくれました。

オシッコもしてくれてます。

元気もありますが、手術の傷口を舐めるので

エリザベスカラーを付けています。

今日、退院です。

尾崎 チョコちゃん (8:44:33)

img_4170.JPG

昨日の夕食は完食でした。

便はでていませんが、オシッコはしてくれていました。

元気もあります。

今日、退院です。

2008/12/10 水曜日

日笠 Sweetちゃん (9:34:55)

img_4160.JPG

術後の経過は良好です。

食欲もあり、元気もあります。

便と尿も散歩中にしてくれました。

傷口の圧迫と保護のため、もう少しお預かりします。